【 業務効率化、マーケティング分析は皇楽へ 】

<< 人間というものは、危害を加えられると思いこんでいた相手から… | TOP | 大阪市阿倍野区の再開発地区 ファッションビル「109」を誘致する予定 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

玉川大学 ハイパワーLEDパネルを使ったレタスやハーブ、イチゴなどの生産実験

以下の記事によると、玉川大学では、蛍光灯に代わる光源として、ハイパワーLEDパネルを使ったレタスやハーブ、イチゴなどの生産実験を行っているようです。「レタスの収穫が従来の半分、約2週間で可能になった実験結果もある」とのことです。

実用化までどれくらいかかるかわかりませんが、こういった技術が進んでくると天候あまり左右されずに、野菜を供給するといったことができるかもしれません。それにより、野菜の市場価格にも影響を与えるかもしれません。ただ、太陽光で栽培したものと、味や栄養価などにどれくらい違いがあるか気になるところではないかと思われます。簡単なことではないと思いますが、こういった技術をいかに活用し、市場にアピールできるかが供給側としては求められることではないでしょうか。

<2010/7/5>

(以下の記事より引用)
イザ!

| 玉川大学 ハイパワーLEDパネルを使ったレタスやハーブ、イチゴなどの生産実験 | ニュースに対するコメント |
| - | trackbacks(1) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
この記事のトラックバックURL
http://rekishisho.jugem.jp/trackback/401
トラックバック
超!ハーブ
ハーブとにかく気になります。ハーブについて毎日検索してしまうのです。今日はこのブログを見つけました。玉川大学 ハイパワーLEDパネルを使ったレタスやハーブ、イチゴなどの ...以下の記事によると、玉川大学では、蛍光灯に代わる光源として、ハイパワーLEDパネルを
| ハーブ | 2010/07/05 2:42 PM |