【 業務効率化、マーケティング分析は皇楽へ 】

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

いかに多くの人のためになることでも、新たに大事業を提唱するのは…

いかに多くの人のためになることでも、新たに大事業を提唱するのは、提唱者にとって大変な危険をともなわずにはすまないとのことです。それは、結果が十分でなければ責任を押しつけられる、または結果がよくても長期だと賞讃より非難されると覚悟しておいたほうがよいそうです。

会社においても、大事業に着手することはあると思います。場合によっては、大事業を避けるようなことばかりしていると、会社が疲弊することもあるでしょう。ただ、大事業をする場合には、多くの方が動くことになると思いますので、その分反発も大きいかと思います。しかし、その反発を恐れすぎていては実行できないと思いますし、時には反発覚悟で挑まないといけない場面もあるでしょう。難しいことですが、こういった反発にどのような姿勢でのぞむかが大事業をする際には、考慮すべきことではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献
| いかに多くの人のためになることでも、新たに大事業を提唱するのは… | 歴史書からの名言・格言(君主論等) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

ある人物を評価するに際して最も簡単で確実な方法は…

ある人物を評価するに際して最も簡単で確実な方法は、その人物がどのような人々とつきあっているかを見ることらしいです。なぜなら、親しくつきあっている人々に影響されないですむ人など、ほとんど皆無といってよいからであるとのことです。

特に、企業内において人を偏見で判断することはできる限りさけた方がいいと思います。偏見で判断することによって、その人を過小評価したりして能力を発揮できないようにすることは、企業にとって損失ではないでしょうか。そうはいっても、全く偏見をなくすことは難しいと思いますので、以上のような、どのような人々とつきあっているかを見るということも判断基準のひとつかもしれません。ただ、つきあっている人々からどの程度影響されているかは、容易ではないですが冷静に見る必要があるのではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献
| ある人物を評価するに際して最も簡単で確実な方法は… | 歴史書からの名言・格言(君主論等) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

個人でも共同体でも同じことだが、勝利を得た後や、…

個人でも共同体でも同じことだが、勝利を得た後や、単に勝利の幻影を見たにすぎない折でも、人はしばしば尊大で横柄な言動に出るようになり、おかげで元も子もなくしてしまうことが多いとのことです。

企業において、売上や利益が上がることは喜ばしいことだと思います。喜ぶことは特に問題ないと思われますが、今後もお客様に買っていただけるように取り組むことが大切ではないでしょうか。品質の良い商品であっても、品質の改善を怠るようになっていけば、次第にお客様が離れてしまうのではないかと思われます。こういったことにならないように、容易ではないかもしれませんが、おごらないように注意が必要ではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 個人でも共同体でも同じことだが、勝利を得た後や、… | 歴史書からの名言・格言(君主論等) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

人間というものは、現にもっているものに加え…

「政略論」の一説です。人間というものは、現にもっているものに加え、さらに新たに得られるという保証がないと、現にもっているものすら、保有しているという気分になれないものであるとのことです。

売上がなかなか上がらない企業や給与が急激に減ってしまった方などは、こういう気持ちになるかもしれません。それは、今まで蓄えてきた資金や貯金が減っていくと、それ自体もすぐ無くなってしまうという心持ちになるからだと思われます。こういった状況にならないように、難しいことですが得られている内に新しいことを模索することが大切かもしれません。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 人間というものは、現にもっているものに加え… | 歴史書からの名言・格言(君主論等) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

人間というものは、困難が少しでも予想される事業には…

「君主論」の一説です。人間というものは、困難が少しでも予想される事業には、常に反対するものであるとのことです。

会社において、新しい事業を行う際には何らかの課題が発生するのではないでしょうか。その課題の解決には、労力が必要とされると思いますし、うまく解決するという保証もないと思われます。そのことに対して、全員ではないにしろ社内から反対の意見がでる可能性はあるでしょう。そういった意見も尊重しなければならない部分はあるとは思います。ただ、あまりにその反対を恐れて行動できないのでは、会社の今後の向上が望めない恐れがあるということを考慮すべきではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 人間というものは、困難が少しでも予想される事業には… | 歴史書からの名言・格言(君主論等) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

人間は、百パーセント善人であることもできず…

「政略論」の一説です。人間は、百パーセント善人であることもできず、かといって百パーセント悪人であることもできないとのことです。

会社において、人材の教育や社内の統制をすることがあると思います。その際に性善説で、自己の判断だけに委ねてしまうと、自分たちで自主的に勉強するようになり伸びる可能性もありますが、特に制約がなければ自主的に動かない方もいるでしょう。逆に、性悪説で厳しいことを行いすぎると、統制はある程度まではできる部分もあるかもしれませんが社内の雰囲気が悪くなり、組織力が弱くなる恐れがあります。性善説、性悪説のどちらがいいかということよりも、難しいことだと思いますが、各会社やその状況に適した方法があるのではないでしょうか。どういったかたちで人材の教育や社内の統制をしていくかを考慮することが大切なことかと思われます。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 人間は、百パーセント善人であることもできず… | 歴史書からの名言・格言(君主論等) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

人間というものは、危害を加えられると思いこんでいた相手から…

人間というものは、危害を加えられると思いこんでいた相手から親切にされたり恩恵をほどこされたりすると、そうでない人からの場合よりはずっと恩に感ずるものであるとのことです。

こういう状況になった方であれば、そう思うことが多いかもしれません。会社でいえば、上司から注意をうけるかなと思っていたのに、逆にほめられたりするとうれしいと思うものではないでしょうか。ただ、当然ながら注意すべき点は、注意しなければならないと思います。そうでなければ、組織力の低下を招く恐れがあります。しかし、ただ単に部下を責めるのではなく、容易ではないかもしれませんが良い点も見出していくことも大切ではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 人間というものは、危害を加えられると思いこんでいた相手から… | 歴史書からの名言・格言(君主論等) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

人間というものは、一つの野心が達成されても…

人間というものは、一つの野心が達成されてもすぐ次の野心の達成を願うようにできているとのことです。

人間の性質として、そういうものがあるかもしれません。しかし、欲がありすぎるのは問題があるのではないでしょうか。それは、そうそう自分の思い通りにいかないからです。雇用する側(会社)と雇用される側(社員)でも、そのことは考えないといけないかと思います。利益が上り続けるのは難しいですし、給料が上り続けるのも難しいことだと思います。目標が高いことは重要かもしれませんが、自社や自分に合った方法を選択し目標に近づいていくことがより大切なことではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 人間というものは、一つの野心が達成されても… | 歴史書からの名言・格言(君主論等) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

人間というものは、往々にして小さな鳥と同じように行動するものである

「つまり、眼前の獲物だけ注意を奪われていて、鷹や鷲が頭上から襲いかかろうとしているのに気がつかない、小鳥のように」とのことです。

なかなか考えさせられるような言葉かと思います。企業においては、売上や利益を上げることは重要なことかと思われます。ただ、目先の売上や利益にばかり、注目していると周りが見えなくなる恐れがあるのではないでしょうか。市場のニーズや社会環境は刻々と変化しており、非常に難しいことではありますが、それに対応するといったことも考える必要があるかと思われます。容易なことではないですが、短期的な目標、長期的な目標を考えることが大切ではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 人間というものは、往々にして小さな鳥と同じように行動するものである | 歴史書からの名言・格言(君主論等) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

相手を、どんなことにしろ絶望に追いこむようなことは、思慮のある人のやることではない

なぜなら、前途に望みを失った者は、冷静さを失ってしまうからであるとのことです。

会社の内外において、人間関係は存在します。場合によっては、相手の落ち度に対して、責めることもあるでしょう。しかし、あまり責めすぎて相手を絶望にさせると相手が自暴自棄になってしまう恐れがあります。それは、自分の不利益になる可能性があるので、注意すべきことではないでしょうか。とはいっても、相手の落ち度があれば責めざるをえないと思います。ただ、その状況下で容易に考えられることではありませんが、自分がどうしたい、どうなりたいということの方が大切ではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 相手を、どんなことにしろ絶望に追いこむようなことは、思慮のある人のやることではない | 歴史書からの名言・格言(君主論等) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/4PAGES | >>