【 業務効率化、マーケティング分析は皇楽へ 】

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

大軍を指揮するとは、方向を示して後方を準備することである

統帥綱領のひとつです。大軍を指揮するには、大きな方針を示し糧秣などを補給してやればよく、これ以上のことをすると、かえって部下の邪魔をすることを招く恐れがあるようです。

会社においても、トップは方針を示す必要があるかと思います。どこまでの方向性までを示すかは、会社の状況、社風などによって異なるかもしれません。しかし、あまり細かいことまで指示を出しすぎると、それぞれのリーダーが動きにくく力を発揮できなくなる恐れもあります。それぞれの職責で判断できるような体制づくりが必要ではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献
| 大軍を指揮するとは、方向を示して後方を準備することである | その他の名言・格言、気になった言葉 |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

指揮単位が6を越えれば、もはや指揮していない

1人の人間が指揮できる単位には限度があり、活動する組織においては4〜6が適当されているそうです。

企業という組織においても、指揮がとれるかは大事なことだと思われます。6という数が、必ずしも最大の指揮できる数ではない場合もあると思いますが、指揮できる数は意識しておく必要があるのではないでしょうか。指揮するもの(中間管理職)を減らせば、人件費が抑えられるといった部分もあるかもしれませんが、それではうまく組織が運営できない恐れがあります。容易ではないですが、組織力を発揮できるような指揮系統を形成しておくことが重要かと思われます。

(以下の文献を参考)
参考文献
| 指揮単位が6を越えれば、もはや指揮していない | その他の名言・格言、気になった言葉 |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

一般方向を誤らない

「一般方向パリ」といえば「どの道を通ってもよいから、とにかくパリに向かって進め」とのことです。

企業において、将来に向けての目的や夢があると思います。しかし、トップや会社の思惑通り、その方向へ一直線に向かえない時もあるでしょう。それは仕方ないにしても、目先のことばかりにとらわれて進んでいると、全く違った道に進む恐れがあります。一歩一歩進むことは大事だと思います。ただ、難しいことかもしれませんが方向を間違っていないことを確認する心掛けが必要ではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献
| 一般方向を誤らない | その他の名言・格言、気になった言葉 |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

本能は押さえるな、コントロールせよ

人間が本能のままに行動すれば野獣になってしまうとのことです。しかし、無理に本能を押さえようとすれば、ますます激しさを増す可能性があるようです。そこで、「本能というものは適当な枠の中で遊ばせておくにかぎる」とのことです。

人間は基本的に社会的な動物だと思われます。野獣という言葉が適切かどうかはわかりませんが、本能のおもむくままに行動することは社会的には許されないことではないでしょうか。そうはいっても、生きていく上では、本能をできる限り満たすことも必要なことではないかと思われます。そういった意味合いで、押さえるのではなくコントロールするというのは、いい考えではないでしょうか。企業を統制する上でも以上のことは、容易ではない部分があると思いますが、考慮すべきことかもしれません。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 本能は押さえるな、コントロールせよ | その他の名言・格言、気になった言葉 |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

理性は人間の考えに方向を与えるが、これを推進するのは感情である

これは、次の意味合いかと思われます。利益と恐怖の外的動機づけで、人間は理性で一応動き出します。しかし、心から「やる気」を起こさせるには、さらに内的動機づけで感情に訴える必要があります。

企業において、トップやリーダーの力(権威、権限)が大きければ、ある方向に向って無理やりにでも社員や部下を動かすことはできるでしょう。それは、内容にもよりますが必ずしも悪いことと限らないですし、必要に応じてすることも生じると思われます。ただ、企業の組織力をより発揮するためには、無理やりだけではなく、心から理解できるような(わかりあえるような)環境が必要ではないでしょうか。それは容易なことではないですが、そういった心がけをもつことがトップやリーダーには求められるのではないかと思われます。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 理性は人間の考えに方向を与えるが、これを推進するのは感情である | その他の名言・格言、気になった言葉 |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

人間の本能に立脚しないものは、真の統御ではない

日本人には、人間としての欲望を主張することを恥とし、これを抑制することを美風とする伝統があるとのことです。しかし抑制する精神力のない者がやせ我慢で抑制していると、非常の場合にかえって大きな破綻を露呈することになるようです。

欲望だけが先行してしまうと、人からあまり支持をしてもらえないと思います。だからといって、自分の欲というものはなかなか抑えられないものではないでしょうか。以上に「抑制する精神力のない者」とありますが、もしかすると全員もしくは大方の人が入るかもしれません。そうはいっても、欲を適度に抑えている方などは、大きな破綻を招くとは限らないと思います。

会社においても、そこに働く方の欲というものはありますし、全ての方の欲を満たすことはできないと思いますが、必ずしも全面的に否定することはないでしょう。欲を無理やり抑える方法だけではなく、難しいことかと思われますが、どういった形で働きやすい環境を作っていくかが大切なことではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 人間の本能に立脚しないものは、真の統御ではない | その他の名言・格言、気になった言葉 |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

嫌なことは、相手に顔を見せながら言え

罰するとか叱るとかいうことは文書や電話ではなく、直接本人に会い相手に顔を見せ、相手の反応を確かめながらていねいに話すべきであるとのことです。

会って話すのが、情報量としても多いということかもしれません。言葉そのものを含め、声のトーン、顔の表情、手のしぐさなど会っていれば伝えることができるかと思います。情報伝達手段として、メールが使われていますが、なかなか容易にそこまで伝えることは難しいのではないでしょうか。特に、嫌なことを相手に伝える際には、注意が必要かと思います。とはいっても、会う機会をつくりにくい場合もあるとは思います。その場合は、やむをえないかもしれませんし、状況によっては他の方法がいいこともあるでしょう。それはともかく、誤解で関係が悪くなってしまわないように気をつけたいものです。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 嫌なことは、相手に顔を見せながら言え | その他の名言・格言、気になった言葉 |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

最初に叱っておけ

部下が間違いをおこしたら、大事にならない前に処罰する親切心と勇気が必要であるとのことです。

場合によっては、部下が間違った行為を行っても注意しにくいこともあるでしょう。しかし、そのことによって間違った方向に進むようになれば、企業に大きな損失がでる恐れがあるのではないでしょうか。容易ではないかもしれませんが、部下が間違った行為を行えば、部下に間違いだと認識させる必要があるのではないかと思われます。そうすることで、組織力の向上に繋がる可能性が高まるのではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 最初に叱っておけ | その他の名言・格言、気になった言葉 |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

好むものを与えよ

価値観は人によって違うという意味合いのようです。

そんなことは当たり前のことではないかというように思われるかもしれません。ただ、それをしっかり理解して対応することはなかなか難しいことではないでしょうか。企業においては、仕事の結果に応じて社員に給与を渡していると思います。しかし、社員全員が給与だけに関心があるわけではないと思われます。仕事内容、地位、福利厚生、働きやすい環境などいろいろなものに社員それぞれ価値観を持っているのではないでしょうか。容易ではないことですがその点を理解して、個々の社員に与えることができれば、社員はより力を発揮するのではないかと思われます。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 好むものを与えよ | その他の名言・格言、気になった言葉 |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

ヘッドの次にハートを狙う

統御する方法の1つとのことです。人間は、その理性を動かせば納得はするが、さらに感情に訴えないと、これをゆさぶることはできないようです。

企業において、そこに働く社員(部下)を統御することは重要なことではないかと思われます。その方法として、命令や威圧などで社員を動かすことは可能ではあると思います。ただ、それだけでは嫌々従っているだけで、社員の力が充分に発揮できない恐れがあります。難しいことではありますが、命令や威圧だけでなく、社員が心から納得するように話し合いなどを心がけることが大切ではないでしょうか。そうすることで、会社の意向に沿って社員が自ら動くようになり、企業の力が高まっていくのではないかと思われます。

(以下の文献を参考)
参考文献

| ヘッドの次にハートを狙う | その他の名言・格言、気になった言葉 |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/4PAGES | >>