【 業務効率化、マーケティング分析は皇楽へ 】

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

ときには嫌われ役に徹することも必要

戦国時代の雄、毛利元就は、指導力を発揮するために、ときには嫌われ役に徹することもあったようです。

人を動かすにはひきつける魅力が必要かと思います。企業のトップやリーダーとして、そういった魅力は必要でしょう。ただ、それが人気取りで好かれているというだけでは、組織力を発揮できない恐れがあります。簡単ではないですが、ときには嫌われても、しっかりと引き締めるときには引き締める実行力が、指導者として求められることではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献
| ときには嫌われ役に徹することも必要 | 歴史書からの名言・格言(日本) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

失敗は誰にでもある。二度と過ちをせぬよう以後気をつければよい

戦国時代の雄、毛利元就が幼い頃、お守り役が元就を抱いている時に足をすべらせて、あわや溺れそうになったようです。恐縮したお守り役がひたすら謝った際に、元就は「歩いて転ぶことは、よくあることだ。気にしないでもいい」といったそうです。

仕事をしている以上、ミスを完全になくすということはできないかと思われます。ただ、ミスの再発を防ぐような努力や頻度を下げるといった対策はできるのではないでしょうか。そういったことを行うためには、ミスを起こした者に注意をする必要があるかと思われます。ただ、それは再発を防ぐといった目的で注意すべきではないでしょうか。変に萎縮したり、反発されたりといったことを招くような注意は避けるべきかと思われます。特に企業のトップやリーダーは、容易なことではないですが、そういった心がけをもって社員や部下を見守る必要があるのではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献
| 失敗は誰にでもある。二度と過ちをせぬよう以後気をつければよい | 歴史書からの名言・格言(日本) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

命を落とした敵兵を手厚く葬る

戦国時代の雄、毛利元就は陶氏と戦った後、敵兵を手厚く葬ったとのことです。その情に臣下たちも安心して従っていったようです。

敵兵を手厚く葬るということはともかく、企業においても情というのは必要なことではないでしょうか。仕事の成果は重要なことですが、成果主義だけで人を動かそうとすると行き詰まる部分もあるのではないかと思います。企業においては、情だけで運営できるわけではないですし厳しい決断に迫られる場合もあると思います。また、情で甘やかすのもあまりいいことではないでしょう。ただ、働いているのは人間であるということを思って接し、時には情をかけるといったことも必要なことではことではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 命を落とした敵兵を手厚く葬る | 歴史書からの名言・格言(日本) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

一日だけ船を貸してくだされ

戦国時代の雄、毛利元就は陶氏と戦う際、伊予水軍の来島氏に、「一日だけ船を貸してくだされ。宮島に上陸すれば、あとは船は必要ないから」と言ったようです。その意気込みに来島氏は毛利氏の勝利を察し、毛利氏の味方についたとのことです。

この毛利元就の行動は、闇雲に猛進しているだけではないと思います。しっかりと目標を決めたら、それに向って邁進しているということだと思われます。企業においても、トップやリーダーがどれくらい本気で動こうとしているかで、社員の動きは変わってくるのではないでしょうか。なかなか確信して動くということは難しいことだと思いますし、今後のことをしっかり考えずに動くのは会社の命運にもかかってくると思われます。ただ、容易ではないですができる限り会社の方向性を示し、動くことでその効果も変わってくるのではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 一日だけ船を貸してくだされ | 歴史書からの名言・格言(日本) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

大望は熟慮を重ね、決断したら一気に…

戦国時代の雄、毛利元就は陶氏と戦う前、決定までの間は長かったとのことです。ただ、一度決めるとあとは驚くほどすばやい電撃作戦が展開されたようです。

会社でも、新しいことや何かを実行する前に、会議や準備をすると思います。それは重要なことかと思いますが、やると決めたからには、簡単ではないですが迅速に実行することが大切なことではないでしょうか。何か決めても、実行できなければそれに関する結果がでないでしょう。また、決めたのに迷ってばかりいると勢いがそがれる恐れがあるのではないかと思われます。しっかり考えた上での実行であれば、多少予想よりうまくいかない場面があったとしても、対応することができるのではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 大望は熟慮を重ね、決断したら一気に… | 歴史書からの名言・格言(日本) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

巨大な敵と戦うには、迷いがあってはならぬ

戦国時代の雄、毛利元就は巨大な敵(陶晴賢)と戦うには、家臣に迷いがあってはならないと考えていたようです。家臣が一丸となり、「倒さなければ」という気持ちになるまで、ねばり強く話し合いを続けたとのことです。

会社において、組織が一致団結することな重要ことだと思われます。しかし、人にはそれぞれの思いがあり、なかなか簡単にはまとまらないこともあるでしょう。会社をまとめていくには、日頃のコミュニケーションや会社の方向性をできる限り示しておくことが大切なことではないでしょうか。組織を一致団結することができれば、企業の力を存分に発揮することができるのではないかと思われます。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 巨大な敵と戦うには、迷いがあってはならぬ | 歴史書からの名言・格言(日本) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

わしが率先してやれば、みなもやるだろう

戦国時代の雄、毛利元就は自ら率先して雪合戦をしていたとのことです。そうすることで、冬の寒さにも慣れ、寒冷地での戦いにも臨めるのだと考えていたようです。

リーダーが率先したからといって必ずしも部下が動くというわけではないと思いますが、こういった心掛けは大切なことではないでしょうか。ただ、状況によってはリーダーが率先してしまうことで部下が甘えてしまうといったこともあるかもしれません。そういったことにならないように、容易なことではないですが、日頃からコミュニケーションをとり、仕事に責任を持たすことが大事ではないでしょうか。そうすることに加えてリーダーが率先して動くことで、部下がより仕事に従事するようになるかもしれません。

(以下の文献を参考)
参考文献

| わしが率先してやれば、みなもやるだろう | 歴史書からの名言・格言(日本) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

将たる者、自らの落ち度を家臣のせいにしてはならぬ

戦国時代の雄、毛利元就は常に自分を厳しく律し続けていたようです。

誰しも、失敗はあることと思います。それは、ある程度は仕方ないとしても、その失敗をどのように自分自身が受け取るかが大切ではないでしょうか。会社で上司の立場であった場合、自分の失敗を部下に押しつけるようでは、当然部下の信頼は得られないと思われます。また、これでは何の解決にもならず、失敗から成功を導くことを閉ざしてしまうようなものではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 将たる者、自らの落ち度を家臣のせいにしてはならぬ | 歴史書からの名言・格言(日本) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

長所を伸ばしてやる

戦国時代の雄、毛利元就は人の長所を取り上げて褒めてやることを忘れなかったようです。

企業にはいろいろな人材がいます。その中で、短所が気になってしまう人材もいると思います。それは仕方がないですし、ある程度の改善を求めないといけない部分もあるでしょう。ただ、短所を責めるという方法だけでは問題があるかもしれません。人は、自分を少なからず評価してほしいという気持ちがあると思います。そういった意味では、長所を褒めることが大切ではないでしょうか。そして、できればその長所に見合った仕事を任すといった取り組みもできるとなお良いのではないかと思われます。そうすることで、良い結果が期待でき、会社の業績に寄与する可能性が高まるのではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 長所を伸ばしてやる | 歴史書からの名言・格言(日本) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

洞察力が人を育てる

戦国時代の雄、毛利元就は人を見る目の正しさ鋭さは常人の域を越えていたようです。家臣も元就を信頼して戦に臨み、いかんなく実力を発揮できたようです。

企業においては、適材適所が大切かと思われます。また、優秀な人材を得たり、育てたりすることも、重要なことではないでしょうか。なかなか社員ひとりひとりの性格やスキルなどを把握することは難しいかもしれませんが、把握できるよう心がけることが大事なことではないかと思われます。そうすることで、組織力が向上し、会社の業績などが向上していくのではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 洞察力が人を育てる | 歴史書からの名言・格言(日本) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/4PAGES | >>