【 業務効率化、マーケティング分析は皇楽へ 】

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

わが身を生かすのは撤退の勇気だ

同じ勇気でも、前へ進む勇気はわが身を滅ぼし、後ろへ退く勇気はわが身を生かすとのことです。

これは退く勇気を説いていますが、全てにおいてそうであるという意味ではないと思います。企業において、新事業に展開する勇気、事業から撤退する勇気というのは、場面に応じて必要なことではないでしょうか。どちらも勇気が必要ではありますが、撤退というのはなかなか難しいことかと思われます。今まで、かけていた資金、労力を無にしかねないので、惜しいという気持ちがわいてしまうのではないでしょうか。ただ、そのままにしておくと損失が大きくなる恐れもあるので、簡単ではないですが、そういったことを考慮して勇気ある決断が求められるかと思われます。

(以下の文献を参考)
参考文献
| わが身を生かすのは撤退の勇気だ | 歴史書からの名言・格言(中国等) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

古人の善く兵を用うる者は、正を教えて奇を教えず

「奇」とは奇手のことで、もし事前に部下に教えれば、情報漏洩の可能性や不自然な動きで敵に見破られてしまう恐れがあるとのことです。

企業において、情報は重要なことだと思われます。情報や想いを共有しておくことで、より力が発揮できることもあるでしょう。ただ、どの情報も社員全員が共有しているのでは、必ずしもいいことといえず、逆にリスクが高いことではないでしょうか。容易なことではないかもしれませんが、どういった情報を共有するかを選択しておくことが大事なことかと思われます。

(以下の文献を参考)
参考文献
| 古人の善く兵を用うる者は、正を教えて奇を教えず | 歴史書からの名言・格言(中国等) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

兵を知る者は、動いて迷わず、挙げて窮せず

「孫子」の一文です。戦上手は情勢をよく把握しているので、行動を起こしてから迷うことがなく、戦いが始まってから苦境に立たされることがないのだとのことです。

企業においても、情勢を把握することは重要なことだと思われます。大きな労力、金額が動くような場合には、より情勢を把握しておく必要があるのではないでしょうか。そうすれば、行動しても失敗する可能性は低くなるのではないかと思われます。ただ、必ずしも情勢をきちんと把握することができるとは限らない場合もあるのではないでしょうか。それで、行動するのを恐れすぎるのも問題かもしれませんので、臨機応変さも求められるかもしれません。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 兵を知る者は、動いて迷わず、挙げて窮せず | 歴史書からの名言・格言(中国等) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

君命に受けざる所あり

「孫子」の一文です。トップの命令を、現場の責任者が受けなくてもよい場合があるとのことです。

これはあくまで、場合があるということです。企業の各責任者がこれを間違って受け取ってしまうと、組織がバラバラになる恐れがあります。ただ、現場のことはトップよりも各責任者の方がよく状況を知っている場合があるので、直接的な命令に従えない場合もあるとは思います。その際に、トップの意向は無視してもよいという意味ではないと思われます。これらは判断が難しいことだと思われますので、注意が必要ではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 君命に受けざる所あり | 歴史書からの名言・格言(中国等) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

戦ってはならない敵もいる

強大な陣を構えている敵などとは、戦ってはならないとのことです。なぜなら、戦っても苦戦を免れないからです。

企業においても不用意に争う(競争する)ようなことは避けた方がいいのではないかと思われます。不用意に争うようなことをしていれば、どんな優秀な社員が多くいたとしても、企業の力が分散もしくは衰退してしまう恐れがあるのではないでしょうか。容易なことではないと思いますが、目標を立てた上での企業活動を行い、不用意な争いに巻き込まれないようにすることが重要ではないかと思われます。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 戦ってはならない敵もいる | 歴史書からの名言・格言(中国等) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

その無備を攻め、その不意に出づ

『孫子』の一文です。敵の意表をつくといった意味合いです。

企業において競争はあるとは思いますが、競争相手が充分に備えているところに仕掛けても難しいのではないでしょうか。簡単なことではないですが、情報をできる限り集めて、どういった行動を相手がしているかを知ることが重要ではないでしょうか。その上で、動くことができれば、業績を上げることも可能ではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献

| その無備を攻め、その不意に出づ | 歴史書からの名言・格言(中国等) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

チャンスが来たら逃すな

「すぐれた将帥は必ず『機』(事機、勢機、情機)に乗じて勝利を収めるのである」とのことです。

企業によって、チャンス(機会)というのはそれぞれ異なると思います。不況時は、多くの企業が厳しいかもしれませんが、全ての企業にとって不利とは限らないのではないでしょうか。また、景気ということ以外にも、いろんな場面でチャンスがあるかもしれません。ただ、それをチャンスと気づくか、また気づいても行動できるかが大切ではないでしょうか。それは、そんな簡単なことではないと思いますが、そういうことを考慮しておくことで有効に動ける可能性が高まるかもしれません。

(以下の文献を参考)
参考文献

| チャンスが来たら逃すな | 歴史書からの名言・格言(中国等) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

ものごとは一気呵成に運べ

「作戦計画はあくまでも秘密にし、敵を攻撃するときには疾風のごとくあれ」とのことです。

企業において、他社との競争は避けられないものがあるかと思います。その際に、追随出来ないように進めることは重要なことかもしれません。また、自社内でも何かする時に必要以上に時間を使うことはあまり得策ではないでしょうか。方向性が見えてきたら、早めに進めていく努力が必要かもしれません。

(以下の文献を参考)
参考文献

| ものごとは一気呵成に運べ | 歴史書からの名言・格言(中国等) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

どんな強い相手にも弱点は必ずある

相手がどんな状態にあっても、攻める手がかりはあるようです。

どんな企業でも強み、弱みはあると思います。また、全方面に力を注ぐことは難しく、またそれは力が分散して効率が悪くなる恐れもあるのではないでしょうか。なかなか容易ではないですが、他企業が力を注いでいないところに自社が力を注ぐことができれば成果を上げられるかもしれません。また、その市場自体を拡げることができるかもしれません。そういったことをするためには、自社の強み、弱みをまず知ることが大切なことではないでしょうか。

(以下の文献を参考)
参考文献

| どんな強い相手にも弱点は必ずある | 歴史書からの名言・格言(中国等) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

一つひとつ手近な問題をクリアする

遠大な目標を掲げて右往左往するより、手近な問題を一つひとつ片づけていくほうが、結局、少ない労力で大きな成果を収めることができるとのことです。

会社において、目標とするものを決めることは大切なことだと思います。その目標によって、会社の社会的存在意義などにもかかわってくるからです。しかし、大きな目標はすぐに達成するのは困難ですし、すぐに達成しようとすると無理が生じてくる可能性があります。また、すぐに達成する方法を考えるのは難しいのではないかと思われます。大きな目標を早く達成したい気持ちがあると、考え方を改めるのは容易ではないと思いますが、すぐに目標達成しようとせずにじっくりと計画を練ることが大事ではないでしょうか。そして、手近な仕事をこなしていき目標に近づいていくことがよいのではないかと思われます。

(以下の文献を参考)
参考文献

| 一つひとつ手近な問題をクリアする | 歴史書からの名言・格言(中国等) |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/4PAGES | >>